女性の美容と健康のコンサルタント"KAZUMI"が女性の悩みを解決します。

ようこそ、女性の美容と健康の悩み解決サイトへ~女性の悩み解決のヒント集。

コーヒーダイエット

FrontPage
antiaging banner

banner of smiling lady


●コーヒーのアンチエイジング効果でダイエット



「コーヒーを飲んでダイエットなんかできるわけない!」
私もそう思っていまた!
ところが、あるラジオ番組を聴いて
「目からウロコが落ちました」

お茶の水大学近藤和雄教授が「ポリフェノールが多く含まれているコーヒーは、健康に良い飲み物。豊富に含まれるポリフェノールが動脈硬化を防いでくれる効果が期待される。ポリフェノールは赤ワインやココアなどに含まれていることは広く知られている。 

しかし、コーヒーにも赤ワインに匹敵する量のポリフェノールが含まれ、一日の食生活の中で仕事の合間や食後に飲むコーヒーから最も多くのポリフェノールが摂取されていることが、調査・研究でわかった。」と発表したのです。

こんな意外なダイエット効果が
コーヒーにあったのか!

あなたも挑戦しませんか?

●ポリフェノールとカフェインの効果について};

ポリフェノールとカフェインがダイエット効果を生んでいたなんて知らなかった!

(1)ポリフェノールの効果について

◆お茶よりも多いポリフェノールの量

飲み物100ミリリットル当たりに含まれるポリフェノールの量は、赤ワインが濃さによって150~300ミリグラムで平均すると230ミリグラムほど。

これに対してコーヒーには200ミリグラムのポリフェノールが含まれ、緑茶は115ミリグラム前後という。

1日に取るポリフェノールのうち8割が飲み物からで、食べ物からは2割。さらに、飲み物から摂取しているポリフェノールの半分がコーヒーからによるものだった。

「日本は(動脈硬化が引き起こす)心筋梗塞(こうそく)が先進国の中でも少なく、最長寿国。それを支えているのが食生活で、ポリフェノールがその主因となっているとしたら、その一つはお茶だろうと思っていた。ところがコーヒーが1番だった」と近藤教授。
「日本人がコーヒーをこんなに飲んでいたのか、ということにまず驚いた」と話す。

つまり、仕事の疲れを癒やしてくれるコーヒーには豊富に含まれるポリフェノールが動脈硬化を防いでくれる効果が期待されるのです。

(2)コーヒーのダイエット効果はカフェインにある

コーヒーには「カフェイン」が多く含まれています。カフェインの眠気防止効果はよく知られていますが、ダイエット効果は聞いたことがないかもしれません。

カフェインには、脂肪分解を促進したり、交感神経の働きを高めて代謝を促進す効果のある、ダイエッターの味方なのです。

また、カフェインにはリパーゼという消化酵素の働きを活発にする効果があります。

リパーゼは脂肪を分解する酵素です。脂肪はリパーゼによって脂肪酸とグリセリンに分解されなければ燃焼できません。 「脂肪は燃焼するまでに20分程度時間がかかる」と聞いたことはありませんか?これは、脂肪がそのままでは燃焼されず、分解されなければいけないために、時間がかかってしまうからなのです。

また、コーヒーに含まれているクロロゲン酸にはカフェインと同様に脂肪の分解を促進する効果があります。コーヒーダイエットの効果の高さは、カフェインとクロロゲン酸の両方に、脂肪分解を促進する効果があり、相乗効果を得られるからです。


コーヒーは、脂肪分解の作用をサポートする2つの栄養素を含んでいるダイエットに大変効果的な食品なのです。

カフェインには利尿作用があり、気になるむくみを解消し、体内の老廃物や余分な水分を排出する効果があります。

むくみは代謝を悪くするダイエットの大敵です。カフェインは、むくみを解消し、ダイエットをサポートしてくれるのです。

カフェインには血行を良くする効果があり、基礎代謝が高まります。
また、血液の循環が良くなり、代謝がUPすることで、女性に多い冷え性や肩こりの解消にもつながります。

気分転換や休憩に飲んでいるコーヒーにはリラックス効果もあるのです。コーヒーの香りによってα波が出て、心も体もリラックスでます。そして、心と体のストレスを減らしてくれます。


●コーヒーでダイエットをする方法



1 浅煎り豆のコーヒーをブラックで飲む、
  ☆食後☆入浴前☆運動前に飲むと効果的と言われています。

2 効果持続は3~4時間程度の為、まとめてではなく
  1日4~5杯に分けて飲む。

3 体を温める為にもホットがオススメ

4 砂糖やミルクなどは使用せずブラックを飲む。

 ※摂取量
 たくさん摂りたい気持ちは分かりますが、
 多くを飲みすぎても効果は上がりません。

 コーヒーが好きでない方は無理をして飲む事はありませんし、
 好きな方でも1日5杯以内程度が良いでしょう。

ダイエット用コーヒーの必須条件!



◎ストレートコーヒー
通常市販されているコーヒーはほとんどがブレンドコーヒー(色んな産地のコーヒー豆を混ぜている)ですがダイエットにはストレートコーヒー(単一産地・単一品種のコーヒー豆)を使用することを推奨します。

理由はブラックで飲用するために品質のいい豆だけを使用したストレートコーヒーがおすすめだから。

◎浅煎りのコーヒー
必ず浅煎りしたコーヒー豆を使用しているコーヒーを使用します。

理由は中煎りや深煎りのコーヒー豆よりも浅煎りのコーヒー豆にはポリフェノール、カフェインの含有量が多いからです。

●おすすめのダイエット用コーヒーはこれ!


楽天ダイエットコーヒー部門ランキング

[総合第1位]獲得!

今、売れに売れている

ダイエットコーヒー!!

ご注文は今すぐ下記をクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




ダイエット ダイエットコーヒー コーヒー コレウスフォルスコリ フォースコリー フォルスコリ 食物繊維 ダイエットリンク 珈琲 L-カルニチン Lカルニチン 白いんげん豆 キャンドルブッシュ コエンザイムQ10)5250円以上で送料無料

原材料:
水溶性食物繊維、インスタントコーヒー粉末、コレウスフォルスコリエキス末(コレウスフォルスコリ抽出物、デキストリン)、コエンザイムQ10、Lーカルニチンフマル酸塩、白いんげん豆エキス、キャンドルブッシュエキス、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12、香料

お召し上がり方:
栄養補助食品として1日2g~12gを目安にお召し上がりください。
1人前はティースプーン1~2杯分(約2g)以上を目安にカップに入れ、約120mlのお湯を注ぎよくかきまぜてください。お好みで調整してください。






a:543 t:1 y:0


powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional