女性の美容と健康のコンサルタント"KAZUMI"が女性の悩みを解決します。

ようこそ、女性の美容と健康の悩み解決サイトへ~女性の悩み解決のヒント集。

ボディ スキン洗浄

FrontPage
antiaging banner

banner of smiling lady

顔面のお肌の手入れ以上に気を使いたいボディスキンの洗浄

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Q【質問】 ボディスキンの洗浄方法について教えてください?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

A【回答】

基本は石けん洗浄です。肌に界面活性剤が残らないからです。石けん以外の洗浄剤の場合、肌に界面活性剤が残り、角質が剥がれやすくなるので、美肌作りにはちょっぴり不利です。でも、その状態のボディスキンで十分満足なら、石けんにこだわらなくてもOKです。

ただし、不満があるなら、あるいはもっと美しいボディスキンを望むなら、石けんを選択すべきです。ちょっぴりの違いが毎日となると、いつしか大きな違いになっています。ボディも顔の肌同様に、角質がたとえ少しでも早く剥がれる状況にあると、一段育ち度レベルの低い肌でターンオーバーを繰り返すようになるからです。

固形の石けんが肌洗浄の基本ですが、ボディスキンには液体ソープ(石けん)の方が向いています。液体石けんは固形石けんよりも洗浄力が一段控えめになります。

化粧をする顔だと洗浄力に多少不満が出やすいですが、汚れの少ないボディ洗浄には、丁度良いからです。また、敏感な傾向にあるボディスキンにはより優しい洗浄となります。

•タオルを使用すると便利だが、顔同様に、手指、手の平で洗うようにする。常に手とボディスキンの間に泡がある状態で滑らかにすべっていたら多少力が入っていても大丈夫。摩擦にはならない。

手の届かない背中は、石けんの泡を含んだタオルの片端を持ち滑らせて洗う。タオルの両端を持つと必要以上に角質(垢)を剥がしている。

•洗浄剤の選択で、失敗の多いのが液体ソープ。固形石けんの場合、ほとんどが本物の石けんだが、液体ソープの場合、(商品名は自由につけることができるため)ソープの名が使われていても、石けんでない洗浄剤が多い。成分表の二番目に“カリ石ケン素地”の表記があるかで確かめる。

•炎症性の赤みがある肌には、石けんによる洗浄は積極的に勧めることはできない。アルカリ性の性質が炎症部位には刺激となり、赤みを促進することがある。このような部位はすすぎだけにした方が改善は早い。

乾燥防止に油性のケア用品が必須

顔の肌同様、ボディにも保湿ケアをして、さらに乾燥保護のケアができていたら何も言うことはありません。化粧水や乳液・クリームを利用できる境遇にある方は、顔同様に、必要に応じて大いに利用しましょう。ボディスキンとしては大歓迎でしょう。しかし、時間的にも、経済的にも、そのような贅沢ができる方は稀です。
ここでは、もう一段上のボディスキンを目指すに必要なレベルについてお話します。

朝ケア用と携帯用の油性ケア用品を常備する

肌の露出が多い部位で、風を受けたり乾燥環境の影響がある場合は、いつでも油性のケア用品を利用できるように備えておくことが大切です。保湿より、まず保護のケアがより大切です。

《ケア用品の選択例》
1.顔と同じように、乾燥の影響を受けやすい部位に乳液やクリームをつける

2.ボディ専用のミルク(乳液)等、経済的なものを常備し、いつでも使えるようにしておく

3.ハンドクリームの類を代用する

上の1、2、3いずれでも良いが、大切なのは使用する習慣を持つことです。必要な時には必ずケアできているという実積が積み重なると、大きな差となって現れます。肌が育つ環境がどれだけ整っているかが、顔の肌と同様に問われています。

例えば、手指などは水に触れることも多いので、その度にサッと塗り伸ばす習慣と備えがあれば、手指の美しさは意外なほど目立って改善するはずです。

製品選びの注意点

•リーズナブルなもので、遠慮なく使えるものが良い

•医薬部外品(薬用)扱いの製品は、日常使用製品としては避ける

•ボディ用となっているものでも、耐水機能を強化してべたつき防止をはかっているものは常用してはいけない。○○コン、●●シロキサンのシリコン油名が上位表記されたものは避ける

ボディ用の紫外線防止はいつでもこれ!という備えを

必ずUVケア製品を使用する必要はなく、衣類や小物を利用して防御するのが手足を含めたボディスキンのUVケアの基本ですが、利用できない時もあります。そのような時はすかさずUVケア製品が使用できる備えと習慣が、ワンランク上のボディスキンを可能にします。

1.顔用のUVケア製品を代用する

2.ボディ用のUVケア製品を利用する

上の1、2どちらでもかまいません。乾燥防御と同様、必要に応じて無意識に対処する習慣と備えを大切にしましょう。

•ボディスキンに敏感さがない限り、紫外線吸収剤・紫外線散乱剤タイプを問わない

•耐水機能を強化してべたつき防止をはかっているものは避ける

悩み解決のお役立ち商品情報

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
  楽天ランキング第1位を獲得した薬用美容ジェル
     「エニシングホワイト」コレ1本で、白くうるおう肌に!!

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
======================================================
恋する2人のためのエルシーラブコスメティック  

======================================================






a:349 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional