女性の美容と健康のコンサルタント"KAZUMI"が女性の悩みを解決します。

ようこそ、女性の美容と健康の悩み解決サイトへ~女性の悩み解決のヒント集。

髪とシャンプー

FrontPage

antiaging banner

banner of smiling lady

髪とシャンプーについての悩み

=================================================
Q【質問】毎日シャンプーすると髪が傷みませんか?
=================================================

A【回答】
子供のころ、母親から、「毎日シャンプーをすると髪が傷むよ」といわれて、
いまもそう思っている方、また最近切れ毛や枝毛ができたのは、ひょっとして
毎日シャンプーしているせいなのでは?と疑っている人はいませんか。

こんな疑いをかけられてはシャンプーがかわいそうですね。たしかに
10年以上前のシャンプーは洗浄効果が強くて毎日洗うと髪が傷むことも
あったようです。

しかし、そのころは髪の毛を毎日洗うことが一般的でなかったからなのです。
当時のシャンプーは、2~3日に1回洗髪する人のために、しつこい汚れを
落とすようにつくられていました。

でも、ヘアケア製品を製造しているメーカーは市場調査を実施しています。
朝シャンが一般的になって、清潔志向が高まり、毎日髪の毛を洗うことが
普通になっていることを知っています。

シャンプーメーカーの担当者にお伺いしても、「いまは毎日洗髪することを
前提としてシャンプーを製造している」と話しています。ですから、今日では
毎日洗っても大丈夫な、髪の毛にやさしいシャンプーがほとんどです。

髪の毛をいたわりながら洗浄してくれるので「髪の毛を毎日洗うと髪が
傷む」というのは昔のことといえます。

リンスを使用するときにお湯で薄めて使っている方はいませんか?
確かに私たちの子供のころは、リンスをお湯で薄めてそこに髪の毛をつけて、
浸透させるという使い方がよくありました。しかし、シャンプーの性能が向上
したように、リンスの品質もよくなっています。

直接髪の毛にリンスをつけても傷まないし、すぐに浸透するようになっています。
かえって水やお湯で薄めると大切な成分がしっかりと髪につく前に落ちてしまいます。

リンスの使用方法に水やお湯で薄めると指示がある場合はその指示に
したがったほうがよいのですが、自己流の使用法はせっかくのリンスの効果を
ムダにしているかもしれません。

「毎日シャンプーすると髪が傷む」と同様に「朝シャンすると髪が傷む」と
いわれることがあります。これについてもまったくの誤りです。

朝、髪を洗っても、夜に髪を洗っても大差はありません。夜に洗髪して
半乾きのまま眠るよりも、朝に髪を洗ったほうがいいくらいです。

「Lasana 美髪プログラムセット」

=================================================
Q【質問】いたんだ髪のケアの仕方を教えて下さい。
=================================================

A【回答】

1.『一度傷んだ髪は、けっして修復されない』

この事実をしっかりと覚えておいてください。傷んだ肌についても元には戻りませんが、約一ヶ月と短いサイクルで新陳代謝(ターンオーバー)を繰り返しているので、肌の傷みとケアの間違いに気づけば短期間で元の肌を取り戻すことが出来ます。

髪の場合はなかなかそうはいかない。長さ30センチの髪なら約30ヶ月、つまり、生え替わるのに2年半かかります。しかも、生え替わったからといって、すっかり以前の美しい髪…というわけにはいきません。傷んだ髪の毛母細胞(≒毛根)は絶えず負担を感じていたため、すぐに健康で丈夫な髪をつくり出さないのです。まだしばらく期間がかかる。

髪一番の大敵は乾燥ですが、適切な保護のケアが出来ていたら、そんなに気にしなくてよいものです。ただし、パーマやカラーリングをした髪は損傷を受けているため、より乾燥しやすく、毛母細胞の負担が高まります。

2.『毎日のヘアケアが髪を守り、ほころびを繕う』

毎日の乾燥や紫外線、ドライヤーの熱等々で多少のダメージはあります。しかし、パーマやカラーリングによる損傷(ダメージ)は構造的なもので、利用する限り避けることが出来ない。このようなダメージをきっかけに髪の乾燥を進行させ、広げていくことは本当に怖いことです。

髪の乾燥が進むにつれて帯電しやすくなり、静電気によるダメージを受ける。湿度の低い冷暖房空間にいると、乾いた髪の毛母細胞は、静電気の攻撃を受けることが多くなる。

私達自身がダメージを感じなくても、毛母細胞は閉口しているのです。やがて抜け毛・細毛が増え、ヘアダメージの域を超えた悩みにつながっていく。

このような弊害の進行を最小にすることが、髪の健康と美しさを維持することになります。

髪の傷みを毎日繕い(保湿)、乾燥から保護する、これが今の髪の美しさを維持するだけでなく、これから生えてくる髪の健康と美しさを保証してくれます。

3、『健康状態の良い髪が、健康な髪を生み続ける』

髪の健康と美しさは、どれだけ◎傷みを防ぐか + ◎傷みを補修し続けるか…の努力差であると言える。1年、2年も経てば、日々のケアの差が髪の健康と美しさの大きな差として現れてきます。

日々のケアとは、毎日行う洗髪であり、髪内部の補修・保護のために行うトリートメントであり、また髪外面の補修・保護のために行うコンディショニング(リンス)です。この差が未来の髪の美しさに大きく影響してきます。

髪それぞれの傷みに対応したケアが行われていると、毛母細胞はいつも元気に、健康な髪を生み続けることが出来る~このような関係になっていることを、しっかり認識しておく必要がある。

この点は肌の健康と美しさ作りと同じなのです。角質層(髪)を大切にすることが、表皮細胞層や真皮層(毛母細胞)の健康を保証し、美しい肌=角質層(髪)をつくり出す基礎力になっている。

以上のような髪の性質を理解した上で、日々使用するヘアケア製品を選び、未来の髪を大切にしたヘアケアを心がけてください。

そして、自分の髪の毛の性質に合った

シャンプー(洗髪)
トリートメント(髪内部の補修と保護)
コンディショナー(髪外面の補修と保護)

これら基本3アイテムをうまく使用することが必要です。

悩み解決のお役立ち商品情報


=======================================================
世界初!分子ピーリング発毛・育毛ミスト!
頭皮の内部から毛髪促進「M-1」

酵素研究40年の歴史から生まれた世界初「分子ピーリング」の育毛ミスト。
たった2ヶ月で効果を実感できるその即効性は、数多くのリピーターを生んでおります。


サラヴィオ化粧品

=======================================================

====================================================


デートするときは、いつも必ずバッグに入れています。

エルシーラブコスメティック








a:794 t:2 y:0


powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional